バナー

サインディスプレイ業界の醍醐味とは

最近、サインディスプレイを目にすることが多くなりました。

大きな画面に次々と映し出される印象的なイメージや、躍動感のある映像など、思わず見入ってしまうものも少なくありません。

街中でも映像がいたるところに映し出されるようになり、電車の車内でもポスターに代わるものとして注目されています。サインディスプレイの特長は刻々と変わる情報をリアルタイムに提示できること、そして人の感性に直接伝わるイメージを表現することができるという点にあります。

従来のポスターや看板など静的なものの場合長期間にわたり見られること、またあくまでも静的な画像であることからその情報量が限られてしまう点が欠点でした。

そして、すぐに飽きられてしまうという欠点もありました。

しかし、サインディスプレイは情報量が多い反面、その膨大な情報量を上手に制御しないと本来伝えたいことが伝わりにくくなってしまうという欠点があります。

その為、従来のポスターなどの場合にくらべ綿密な企画が必要になります。



この企画の作業が非常に膨大で綿密になることが、サインディスプレイ業界の一つの醍醐味であり、苦労でもあります。

例えば30秒程度の映像を作成する場合であっても、その部分に注がれるエネルギーは1時間の映画を作るのと同じぐらいのエネルギーが必要とも言われます。

教えて!goo情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

むしろ30秒の中で明確なメッセージを伝えなければならない分、その難しさは映画を超える部分が有るでしょう。

サインディスプレイを知りたいならご活用ください。

しかし、完成したものが街中で流れみんなの反応を知ることができるのもこの業界の醍醐味と言えます。