雨漏りによる弊害と応急処置

category01

雨漏りは屋根の一部が外部からの刺激によって壊れてしまったり、雨どいの詰まりや破損などで起こります。



雨漏りを対処せずにそのままやり過ごしていると、様々な弊害が起こります。
雨水が家の内部に侵入するので、家の素材や家具が濡れてしまいます。そうすると柱や壁は腐敗して家のダメージを与えます。

腐敗するとカビが発生して、観光被害の恐れもあります。

また柱や壁としての役割ができずに、耐久性が低下します。



シロアリは湿気のある環境に住みつくので、その被害も考えなければいけません。雨水が様々な電気コードに影響を与え漏電や火災の原因にもなり大変危険です。

このような被害が起こらないためにも、雨漏りに気付いたら早めの処置が必要です。

自分で応急処置をする際にはブルーシートなどの防水シートで屋根を覆いおもりなどでシートを固定する方法があります。



また詰まっている排水溝の掃除を行い雨水が屋根に逆流せず、外に流れているかを確認します。

破損部分が狭い時には防水テープやシリコン剤で破損部分を補修することができます。
しかしこのような方法は根本的な破損を直す雨漏り処置にはならないので、確実に雨漏り工事を行う事の可能な専門の業者に依頼します。
家を守るためには日頃から排水溝の掃除を心がけ、台風や積雪後のは家の周囲を確認して破損がないかチェックするようにします。
家の安全を守り寿命を延ばすためには早期に発見して早めの処置を行う事が大切です。


初心者向き生活

category02

集中豪雨や台風などの後に天井にシミができていたり、どこからか水音がするという場合は、雨漏りの可能性があります。放置しておくと、家財や電気系統にまで影響を及ぼすばかりか、家の構造にもダメージを与えてしまうので早急に修理する必要があります。...

subpage

生活入門

category02

急に雨漏りをしてしまった場合を除いて、基本的にはプロの業者による修理が一番再発防止に繋がります。業者に依頼するにあたって、直ぐに見積もりをしてもらい契約し、その日の内に対応をして貰えるのであれば問題はないですが、実際にはそこまで順調にいかない事もあります。...

subpage

生活の秘訣

category03

子供部屋の雨漏りを業者に直して頂くメリットには、生活改善につながる、子供の顔が陽気になる、修理工事を見るのは面白いなどがあります。子供部屋に雨漏りが発生すると、子供はその部屋にいることができなくなります。...

subpage

生活の特徴紹介

category04

雨が降った後に部屋の中でカビ臭いニオイがするときや、壁や柱にカビによる変色があらわれたら、雨漏りを疑い調べてもらった方が良いです。屋根に問題がない場合でも、電線の引き込み口やエアコンの配管を伝って入ってきたり、サッシの隙間などから雨水が入りこむ場合があります。...

subpage