雨漏りがもたらす二次被害を防ぐ

雨が降った後に部屋の中でカビ臭いニオイがするときや、壁や柱にカビによる変色があらわれたら、雨漏りを疑い調べてもらった方が良いです。
屋根に問題がない場合でも、電線の引き込み口やエアコンの配管を伝って入ってきたり、サッシの隙間などから雨水が入りこむ場合があります。



カビは健康を脅かす存在で、カビ臭いニオイがするときは空気中に目に見えない胞子が飛散している状態です。
黒や緑、あるいは白色のカビは目に見えている部分だけに生えていると勘違いしている人も多いですが、菌糸を広く伸ばし、壁の内側など見えない部分にも深く広がって、その一部分だけが表に出てきている状態です。

雨漏りによって発生したカビをそのままにしておくと、日ごろからカビの胞子を吸い込むことになりアレルギーを引き起こすことがあります。



免疫力が低下している人は、体内に入ってきたカビに対抗することができず、健康被害を受ける可能性があります。


特に肺に溜まってしまうことがあって、以前に肺の病気を発症したことがある人はカビが生えやすく、発熱や胸の痛みが出たり、咳が頻繁に出て止まらなくなってしまいます。



悪化すると、呼吸困難になる可能性があるほどです。
お風呂場などで利用するカビ用の洗剤を、壁や柱に使ってもきれいに取り除けない可能性があります。
雨漏りによって、湿気がこもる範囲はとても広いからです。

はじめに専門家に依頼して雨漏り個所を特定して、修理をしながら腐植とカビがないかを確かめ、壁のクロスなどは一部にカビが生えていたら全面的に交換したほうが良い場合もあります。